東方神起が今でも韓国で「不滅のアイドル」と呼ばれる理由とは?

2021年12月26日 K-POP #アイドル
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国はもちろん、日本でも絶大な人気を誇る東方神起。本日12月26日は彼らのデビュー日である。

そもそも東方神起は、2003年12月26日に韓国の地上波SBSの特別番組に出演してデビュー。

ファーストシングル『Hug』が発売されたのは翌2004年1月だが、初めて「東方神起」の名で登場したこの特別番組出演が、彼らのデビュー日とされている。

韓国3大芸能事務所のひとつであるSMエンターテインメントが発掘し、金と労力を惜しまず育て上げた東方神起は、デビュー直後から一躍人気者に。

デビュー1年目にして“韓国のグラミー賞”と呼ばれる「ソウル・ミュージックアワード」の新人賞など、韓国の歌謡賞を総なめにしていた。

また、2004年11月に初来日し、翌2005年4月に日本デビューを果たすと、2007年には日本武道館ライブを成功。2008年にはシングル『Purple Line』が初のオリコンチャート1位を獲得し、K-POPグループとして初めて紅白歌合戦に出場するなど日本でもブレイクを果たした。

【関連】東方神起か、それともBTS(防弾少年団)か。“記録製造機”の世代交代の現実味

センシティブな兵役もプラスに

ただ、注目を浴びるスターがゆえにさまざまな逆風にもさらされてきた。

特に有名なのは、2009年~2010年の脱退・分裂騒動だろう。

もともと5人組として活動していた東方神起は、人気絶頂のなかキム・ジェジュン、パク・ユチョン、キム・ジュンスの3人がSMエンターテインメントから脱退し、グループは分裂。現在のユンホ&チャンミンのデュオとして再スタートを切ったのだ。

この脱退・分裂騒動は韓国はもちろん、日本でもさまざまな余波を生み、東方神起と彼らを生み出した韓国最大手芸能事務所SMエンターテインメントにもさまざまな危機説が浮上していた。

2015年にはユンホとチャンミンが兵役に

だが、2人になっても東方神起の勢いは衰えなかった。

例えば、2012~2014年の3年間には、ライブツアーに200万人以上のファンを動員。これは海外アーティストとして史上最速のスピードだという。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

デイリーランキングRANKING

世論調査Public Opinion

注目リサーチFeatured Research