韓国否定派が65%!! なぜドイツは世界一の“嫌韓国家”なのか

2016年03月23日 国際
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本では韓流ブームの後に、今度は“嫌韓ブーム”が起きた。両国の距離が近づくにつれ、良いところも悪いところも見えてきたということだろう。一時に比べると落ち着いたが、未だに日韓関係にはぎくしゃくしたところがある。

ところで、近年の日韓関係は、世界的に見ても険悪ムードなのだろうか。そして日本の多くの人が“嫌韓”なのだろうか。

それを知る客観的なデータとして、イギリスBBC放送が行っている世界16カ国とEUを対象にした“国家イメージアンケート”が参考になる。全25カ国を対象にした2013年の同アンケートを見ると、日本人の韓国に対する評価は、肯定派19%、否定派28%。意外にも、どちらでもないと考えている層が過半数を超えており、“嫌韓層”ともいえる否定派は、2割台にすぎなかった。

韓国否定派が約5割のフランス(47%)やメキシコ(45%)、4割のカナダ(41%)やイギリス(40%)と比較すると、日本人の韓国に対する評価は、相対的に悪くないのだ。

ドイツでは韓国人差別も

前へ

1 / 3

次へ

RELATION関連記事

デイリーランキングRANKING

世論調査Public Opinion

注目リサーチFeatured Research