韓国で“食い逃げ犯”に懸賞金をかけた飲食店店主…オンライン上では同様の被害報告が続出

このエントリーをはてなブックマークに追加

無銭飲食、いわゆる“食い逃げ”といえば、比較的軽度な犯罪のように思えかもしれない。しかし通報され警察に逮捕されたら、場合によってば刑事事件として起訴されるれっきとした犯罪行為だ。

今、お隣・韓国では、とある飲食店店主の悲痛な叫びが大きな影響を与えている。

【注目】韓国で“チキン店”だけが売上増のワケ

5月10日、釜山(プサン)海雲台(ヘウンデ)警察署によると、去る5月6日19時30分頃、海雲台区内のお店で20~30代と推定される男性2人が、刺身や焼酎など4万8000ウォン(約4800円)相当の食べ物を食べて消えたという届出を受けて調査中だと明かした。

話題となったのは、警察発表に先立つ5月9日、被害にあった店主がインターネット上に「食い逃げ事件公開手配、ノーモザイク」というタイトルの文章と、食い逃げした男性2人が食べ物を支払わずに去る様子を込めた4分49秒ほどの映像を公開したことだ。

(写真=オンラインコミュニティ)投稿された被害現場

店主は「処罰が軽いからか、警察が消極的だ」と批判しつつ、「犯罪を容認する社会雰囲気になってはいけない」と怒りをあらわにした。さらに「彼らを知ったり、決定的な情報提供をしてくださった方には10万ウォン(約1万円)相当の飲食店利用券またはデパート商品券を謝礼する」と、自ら懸賞金を提示したのだ。

これには、オンライン上でも「やる気のない警察はなんとかしないとならない」「たかだか5万ウォン程度で、人生を棒にふることになったな」「少額だから大丈夫だと思ったんだろうが甘かったな」「ここまでやるなんて、相当な怒りを感じる」などの意見があった。

また、この店主の告白を見た同業者の間では「自分も被害に遭った」と訴える人が相次いでおり、その数はどんどん増えている。

なお韓国の軽犯罪処罰法施行令を見ると、無賃乗車・無銭飲食の場合、犯則金額は10万ウォン(約1万円)以下の罰金・拘留・課金等に処せられることがあり、常習的に無転取式をしたり故意性が認められる場合には刑法上の詐欺罪が適用されることもある。

実際、ここ3年で申告された無賃乗車・無銭飲食の件数は計28万件に達し、申告されていない犯罪はもっと多いと推測される。

優秀な人材が多く埋もれているネットの海に、モザイクなしで拡散された食い逃げ犯たち。軽い気持ちで行った軽率な行為が想像以上の大事になってしまったようだ。

(文=サーチコリアニュース編集部)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

デイリーランキングRANKING

世論調査Public Opinion

注目リサーチFeatured Research