超学歴社会の韓国で自主退学生が増加しているワケ…就職難を乗り越える“秘策”?

2021年09月17日 社会
このエントリーをはてなブックマークに追加

就職難にあえぐお隣・韓国にとって、学歴は最低限備えなければならない必需品だ。有名大学に進学できなければまともな企業への就職も難しいとされる。

それだけに、韓国では専門学校・短大を含む大学進学率は80%台にも上る。受験戦争の厳しさは日本以上だ。

【関連】受験生のために入試問題に保護者が激怒も。人生をかけた韓国の大学受験とは?

受験生たちにとって本番となるのは、毎年11月中旬に実施される日本のセンター試験に該当する「大学修学能力試験」だ。韓国のお盆である秋夕(チュソク)を終えた後、受験生は本格的な猛勉強シーズンに突入する。しかし圧倒的な高学歴社会は、現役受験生たちに不利な状況を作り出している。それが、現役大学生たちの自主退学率の上昇だ。

専門家によると、各大学の中退者のほとんどが、腰掛けとしてとりあえず大学に入り、再度、志望校を目指しているという。こうした中退者による再入学は、確実に合格枠を圧迫していて、現役学生たちには不利な状況となった。

9月8日、韓国メディア『毎日経済』が全国の4年制大学の年度別退学状況を分析した結果、2020年188大学の再入学生は5.9%で、10年前(3.3%)より2.6%ポイントも増加した。今回の分析は、サイバー・宗教大学を除く全国の4年制大学を対象に行われた。

警察が受験生を試験会場に送ることも

こうした状況は、首都ソウル近郊の大学で急速に高まっている。ソウル内にある39の大学の内、再入学生率は2010年度2.9%から2020年度7.1%と4.2%ポイントも増加している。

実際に2020年4年制大学の自主退学生の数は2万人を超え、188校の新入生述べ34万7657人のうち2万666人が退学している。

“有名大学卒業”という就職戦線での武器を手に入れるために、年々過熱化していく韓国の受験戦争。高みを目指すのは素晴らしいことだが、「大学で何をしたいのか」という部分が希薄化している感もある。目的と手段が逆転している現状が改善されればいいのだが…。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

デイリーランキングRANKING

世論調査Public Opinion

注目リサーチFeatured Research