「男風呂がのぞける」韓国SNSで非難殺到した盗撮スポット紹介ツイート

2021年11月01日 社会 #社会問題 #犯罪
このエントリーをはてなブックマークに追加

去る10月22日、山梨県の私立中学校の20代男性教師が女性風呂をのぞこうとして、茨城県警に建造物侵入と同県迷惑行為防止条例違反の疑いで書類送検された。

学生たちがその場のノリと勢いでやってしまったとしても許されざる行為だが、生徒の模範になるべき教師が起こした事件というのが実に情けない。

【関連】699件の盗撮発覚でクビになった高校教師も…不安尽きない韓国の違法撮影

入浴時の無防備な姿を陰からのぞかるのは、考えただけでゾッとする。自分が被害に遭っていなくとも、批判の声をあげたくなるだろう。実際、お隣・韓国では、ある「のぞきスポット」を巡って大きなバッシングが起きている。

10月19日、あるTwitter利用者のAさんは、自身のアカウントを通して、「男湯をのぞけるスポット発見した」と書き込み、実際にその場所の写真を投稿。写真には風呂の内装に始まり、モザイク処理すらされない成人男性と子供の姿まで写されていた。

鍵アカだったAさんは、気心の知れた人の間だけに見せたつもりだったのだが、その書き込みは瞬く間に拡散した。

韓国ネット上では、「男湯盗撮事件に強力な処罰を」、「盗撮した上に、それを堂々と皆が見ることができるSNSに投稿した犯罪者を処罰してほしい」など、Aさんへの強烈な批判が相次いでいる。10月25日時点で、Aさんの処遇がどうなったのか明らかになっていない。しかし、韓国でも、盗撮行為は性暴行犯罪の処罰などに関する特例法第14条により、7年以下の懲役又は5000万ウォン以下の罰金に処せられる重罪である。

さらに、撮影対象者が子供や若者の場合、児童青少年性保護法が適用され、児童青少年性搾取水作りの疑いで処罰されることができる。児童青少年性搾取水を制作などの場合には、無期懲役や5年以上の有期懲役に処せられることができる。

かつて、日本でもSNSでのバイトテロが横行した。件のAさんも同様のノリだったのかもしれないが、考えなしの行動に対する処罰は重くなりそうだ……。

文=サーチコリア編集部

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

デイリーランキングRANKING

世論調査Public Opinion

注目リサーチFeatured Research