文在寅大統領は『ワンピース』か『進撃の巨人』なのか。その本質はいかに?

2021年10月25日 政治 #事情 #政治家
このエントリーをはてなブックマークに追加

アベちゃんやガースーなど、最近ではSNSの普及によって、国のトップをニックネームで呼ぶ風潮が増えてきた。

こうした流れはお隣・韓国でも同様であり、文在寅(ムン・ジェイン)大統領もある漫画キャラクターになぞられて呼称されている。しかし、最近になって、そのキャラクター像が大きく変わってきている。

【関連】今なお人気の『進撃の巨人』が韓国でも異例の快進撃を炸裂させたワケ

文在寅大統領は就任時から、日本の国民的漫画『ワンピース』に登場する、かつて海賊王ゴールド・ロジャー率いる海賊団の副船長シルバーズ・レイリーに似ているとして、同キャラの異名である「冥王レイリー」をもじって、「冥王ムン・ジェイン」と呼ばれ続けてきた。

このニックネームがついたのは、文在寅大統領がかつてヒゲを伸ばしていたのだが、そのときの姿がシルバーズ・レイリーに似ていたからだ。同キャラは、歴戦の海賊として描かれている。

当人もまんざらではないようで、2017年の選挙時には、「こんにちは、冥王ムン・ジェインです」と挨拶した姿も残されている。

しかし、最近では新たなキャラクターに酷似しているという指摘が続いている。それが、『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの異母兄ジーク・イェーガーだ。文在寅大統領は同キャラになぞらえ、ムンクイェーガー(略称ムンク)とも呼ばれるようになった。

文在寅大統領

このジーク・イェーガーは、様々なドラマの末に「そもそも生まれてこなければ苦しむことはなかった」という結論に辿り着き、同族がこれ以上生まれてこないように画策する人物。この目的が、出生率が低下している現在の韓国とリンクすることで、より強い類似点を生んでいるようだ。

実際、韓国ネット民の間では、文在寅大統領の支持者は「冥王ムン・ジェイン」、否定派は「ムンク」と呼称する流れが出来つつある。

ヒゲキャラが転じて、日本の人気漫画から生まれたキャラクターのニックネームを関することになった文在寅大統領。その政策は果たして

シルバーズ・レイリーとなるのか。それとも、ジーク・イェーガーとなるのか。残り少ない任期に注目したい。

文=サーチコリア編集部

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

デイリーランキングRANKING

世論調査Public Opinion

注目リサーチFeatured Research