日本だけじゃない! 韓国企業も困らせる「バックラー」たちの増殖

このエントリーをはてなブックマークに追加
少しでも有能な人材を確保するのは、企業の重要な課題ともいえる。そのため、多忙な業務時間を割いてまで新人面接を行う。

しかし、そんな企業側の思いを踏みにじる行為が「ドタキャン・バックレ」だ。

【関連】新型コロナウイルス問題が引き起こした不正受給のヤミ【韓国編】

「エン・ジャパン株式会社が行ったアンケート調査によると、面接前の辞退(ドタキャン)を経験したことがある企業は92%にもなる。さらに、当日にドタキャン・バックレしたことがあるか」という質問には、12%の人が「ある」と答えている。

10人に1人が「ドタキャン・バックレ」をするとなると、企業としてもたまったものではない。

こうした、企業側の苦しみはお隣・韓国でも深刻なようだ。

韓国の求人求職サイト「アルバ天国」が企業役員を対象にアンケート調査をした結果、なんと7.9%が「ドタキャン・バックレ」された経験があると答えた。

ちなみに、韓国では近年、バイトの面接や出勤日にバックレル行為が急増した結果、「ゴスティング」という新造語まで生まれている。

画像はイメージ(写真=photo-ac)

アンケートによると、「ドタキャン・バックレ」でもっとも多いのが、「無断欠勤するアルバイト(58.0%、複数回答)であり、その後、「面接に来ない(53.2%)」「出勤日当日に来ない(41.9%)」と続いた。

さらに、「ドタキャン・バックレ」が発生する原因に対して、「無責任なアルバイト支援(66.1%)」ともっとも多く、「無責任・人対不足(62.9%)」、「罰則を与えられないから(45.2%)」という回答が上がった。

日本のインターネット上では、「ドタキャン・バックレ」をする人を「バックラー」と呼んで笑いのネタにしている風潮があるが、実際にバックれられたらたまったものではない。

文=サーチコリア編集部

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

デイリーランキングRANKING

世論調査Public Opinion

注目リサーチFeatured Research