新型コロナに関する45カ国アンケートで見えた日韓の違い「個人的な権利の一部を犠牲にできる」

2022年03月14日 国際 #新型コロナ
このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナの世界的な流行から早2年が過ぎた。マスクの着用や手の消毒が日常になりつつあるが、未だに感染拡大の懸念は消えていない。

【注目】新型コロナ問題が引き起こした韓国の不正受給のヤミ

そんななか興味深いアンケート結果が発表された。新型コロナ対策の肝とされていたワクチンに対する効果に関するアンケート結果だ。世界的に見ると、ワクチンの効果について「疑わしい」と答えた人が全体の49%に上ったという。

ギャラップ・インターナショナルが3月14日に公開したアンケート結果(2021年10~12月に実施、計45カ国の成人計4万2060人が対象)によると、「新型コロナワクチンの効果が疑わしい」との質問に、49%が「同意する」と答えた。逆に「疑わしくない」を意味する「同意しない」は43%だった。

ワクチンの効果を疑っている回答者の内訳は、「とても同意する」18%、「どちらかといえば同意する」31%だった。これは44カ国の平均の数字だ。

では、ワクチンの効果を最も多くの国民が疑っている国はどこか。1位アルバニア(86%)、2位ガーナ(73%)、3位フィリピン(68%)などだ。逆に最もワクチン効果を信じている国はオーストラリア(18%)で、イギリス(28%)、スペイン(29%)などが続く。

日本は、ワクチンの効果を疑う人が少数派という結果だ。「新型コロナワクチンの効果が疑わしい」という質問に「同意する」のは33%で、「同意しない」が過半数(53%)に上った。今回のアンケート結果では、44カ国中、5番目にワクチン効果を信じている国となった。

韓国もワクチン効果を信じる人が56%で、疑わしいと答えた人(42%)を上回った。

一方で、「新型コロナの危険性が誇張されていると思う」という質問については、44カ国平均が「同意する」(44%)、「同意しない」(49%)と拮抗した。

世界44カ国で最も「誇張されている」に「同意する」との声が少なかったのは、わずか17%の日本だ(「同意しない」72%)。新型コロナへの危機感が世界的に高いと見ることができるだろう。韓国も「誇張されている」は35%で、「誇張されていない」(64%)が大きく上回った。

日韓の違いが明確だったのは、「ウイルスの拡散を防ぐ助けになるのであれば、個人的な権利の一部を犠牲にすることができる」という質問においてだ。

44カ国の平均が「犠牲にできる」60%、「犠牲にできない」31%となったなか、韓国は「犠牲にできる」が64%(「犠牲にできない」34%)と平均を上回った。意外にも、日本は「犠牲にできる」との回答者は19%(「犠牲にできない」58%)のみとなり、44カ国で断トツに低い数字となった。

なお今回の調査結果は標本誤差±2.5%、信頼水準95%だ。

(文=サーチコリアニュース編集部)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

デイリーランキングRANKING

世論調査Public Opinion

注目リサーチFeatured Research