韓国を騒然とさせた「芸能人の100人中99人は整形している」発言は本当か

このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょうど今から3年前、日本のバラエティ番組で紹介されたエピソードが韓国で大きな波紋を呼んだことがあった。

番組名は読売テレビの『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』。今田耕司と月亭八光がMCを務めるトークバラエティ番組なのだが、2018年10月27日の放送回にゲスト出演した韓国出身のタレントであるカン・ハンナ氏の発言が問題となった。

「韓国の芸能人は100人中99人が整形をやっている」「ガールズグループの中に整形していない子をわざと入れる。その子がまた、人気になったりする。自然体だから」としたのだ。

【写真】韓国では無名?「韓国芸能人100人中99人が整形」発言で炎上のカン・ハンナとは何者か

たしかに韓国は周知の通り、世界屈指の“美容整形大国”だ。国際美容整形学会(ISAPS)が発表した調査結果によると、2015年にもっとも美容整形手術の施術が多かったのはアメリカで、韓国は3位だった。

騒動を伝える当時の記事(写真=韓国NAVERニュース画面キャプチャー)

近年は美容整形をしたことを認める芸能人もいる。かつては整形を告白する芸能人はほとんどいなかったが、「美貌を保つ秘訣はエステと整形」と堂々と公表する女優やタレントも増えている。
2018年には美容整形手術を受けることをプロモーションの一環として利用するアイドルグループも出現した。

新曲発表に合わせてメンバー全員が美容整形手術に臨む過程を公開したガールズグループ“SIX BOMB”の“整形ビフォーアフター”は賛否両論を呼んだほどだ。

ただ、「100人中99人」は言い過ぎかもしれない。カン・ハンナ氏は「私の知り合いの芸能人の統計で言いますと」と前置きしたが、字面だけ見れば韓国芸能界のほぼ全員が美容整形していると受け止められかねない。
それだけに韓国メディアも問題視した。


「カン・ハンナの韓国整形妄言…批判殺到」(『マネートゥデイ』)
「カン・ハンナ、K-カルチャーに侮辱感を与えた」(『スポーツ東亜』)
「カン・ハンナ、芸能人の名誉だけではなく韓国人の自尊心も刺激」(『デイリーアン』)
といった論調の記事が多く、カン・ハンナ氏の名は韓国最大のポータルサイトの検索ランキング1位になったほどなのだ。

さらにネット上では「カン・ハンナに処罰を与えるべき」と大炎上。「韓国国籍をはく奪すべき」「韓国への入国を禁じるべき」といった言葉が並び、一般大衆の不満の捌け口となった感がある大統領府の“国民請願”コーナーには、「カン・ハンナを韓国から追放してください」というスレッドまで立ち上がった。

ただ、波紋を呼んだその発言をキッカケに、韓国では美容整形に関してさまざまな議論も起こった。

すべてのメディアが怒り心頭気味というわけでもなく、努めて冷静・客観的にカン・ハンナ氏の発言の信ぴょう性を分析するメディアもあった。

例えば『MKスポーツ』は、「国際美容整形学会(ISAPS)の報告によれば、世界の人口対比の整形件数1位は韓国。人口1000人あたり13.5件の水準だ」として、「カン・ハンナは、整形発言は死罪か? 人口対比整形1位は明白な事実」とした。

『シネ21』は、「カン・ハンナは間違っていない」というコラムを掲載。「彼女の発言は根拠ない話とは言い切れないところもある。特に韓国よりも整形手術および施術総量が多い日本の整形現況も、人口対比で換算すると日本は100人に1人の割合で手術を受けているのに対し、韓国は52人の割合という計算になる」としたうえで、こう締めくくった。

「カン・ハンナの言葉通り99%までにはならないが、韓国人が日本人よりも多くの整形手術をしているということは否定が難しい事実だ」と。
この年の夏、韓国ではとあるオーディション番組の影響で女子中高生たちの美容整形が増えるなど、美容整形の低年齢化も問題となっていたが、韓国メディアの冷静な分析はそうした状況を危惧するためかもしれない。

いずれにしても、その問題発言で韓国では“渦中のひと”になってしまったカン・ハンナ氏だが、日本では韓流研究者やコラムニストとして活躍しており、詩人としても活躍中。

発言の翌年には初の歌集『まだまだです』(KADOKAWA)を発表し、昨年2020年12月には第21回現代短歌新人賞も受賞した。

その発言こそ韓国で物議を呼んだが、日韓文化交流の担い手としてこれからもその活躍を期待したい。

文=サーチコリアニュース編集部

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

デイリーランキングRANKING

世論調査Public Opinion

注目リサーチFeatured Research