韓国の次期大統領候補、人気あるのは誰? 40代には李氏、若い層には‥‥

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国ギャラップが2021年10月第1週(10月5日~7日)に、韓国全国の満18歳以上の1,000人に、「これから韓国をリードしていく政治指導者、すなわち次の大統領候補として誰が良いと思うか」を尋ねた結果(自由回答)、イ・ジェミョン(李在明)京畿道知事25%、ユン・ソギョル(尹錫烈)元検察総長20%、ホン・ジュンピョ(洪準杓)議員12%、イ·・ナギョン(李洛淵)共に民主党・前代表8%、ユ・スンミン(柳承敏)元議員2%、チェ・ジェヒョン(崔宰亨)元監査院長 5%の順だった。

5%はその他の人物(1.0%未満12人を含む)、26%は特定人の名前を答えなかった。1カ月前と比較すると、ホン・ジュンピョ氏の選好度が6ポイント上昇、イ・ジェミョン氏、ユン・ソギョル氏もそれぞれ1ポイントずつ上昇した。

【関連】54%が否定的!!文在寅大統領の能力を韓国人はどう見ているのか

左からイ・ナギョン氏、イ・ジェミョン氏、尹・ソギョル氏(写真=OSEN)

イ・ジェミョン氏は今年3月以降、平均24%の好成績を記録している。昨年7月まではイ・ナギョン氏が支持率20%台半ばでトップだったが、8月にイ・ジェミョン氏が急上昇し、与党議員の首位争いの構図が形成された。 

しかし、今年初めにイ・ジェミョン氏は追加上昇、イ・ナギョン氏は急落して両者の格差が大きくなり、3月にはユン・ソギョル氏の急浮上で新しい先頭グループができた。 

イ・ジェミョン氏の好感度は、共に民主党支持層の56%、世代別では40代が43%となる。さらに、共に民主党支持層ではイ・ナギョン氏がイ・ジェミョン氏を10ポイント以上リードしていたが、今年1月の調査で逆転した。

ユン・ソギョル氏は公職にある時から次期・政治指導者候補に挙げられてきた。特に、昨年10月下旬、第21代国会初の国政監査でチュ・ミエ(秋美愛)法務部長官とともに注目され、11月に初めて好感度10%を越え、検察総長辞任直後の今年3月から7月までに20%台で急上昇し、イ・ジェミョン氏との差は3%以内に迫った。 

だが、野党である『国民の力』入党直後の8月初めの調査で19%に下落。 今回の調査では国民の力支持層の49%、世代的には60代以上の40%がユン・ソギョル氏の名前を上げた。

ホン・ジュンピョ氏は低年齢であればあるほど(20代21%、50代以上8%)、イ・ナギョン氏は30代(16%)から相対的に高い評価を得た。イ・ジェミョン氏、ホン・ジュンビョ氏、ユ・スンミン氏はいずれも女性より男性たちからの選好度が高く、イ・ナキョン氏は女性からの選好度が高かった。 

次期指導者として好む人物を答えない人は、男性(20%)より女性(33%)のほうが多かった。 政治に高い関心を示す層の間では、ユン・ソギョル氏29%、イ・ジェミョン氏25%、ホン・ジュンピョ氏13%、イ・ナギョン氏9%、意見留保10%だった。

文=サーチコリア編集部
 

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

デイリーランキングRANKING

世論調査Public Opinion

注目リサーチFeatured Research