不景気に苦しむ韓国内で暴かれた「金持ちの定義」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「あの人はお金持ちだ」

このような評価を下すことは可能だが、これはあくまでも主観的な評価であり、金融機関や公的機関は「いくら以上の資産をもつ人が金持ちだ」という基準を出しているわけではない。

【関連】新型コロナウイルス問題が引き起こした不正受給のヤミ【韓国編】

公的な定義がないことから、調査会社によって基準が異なるのだが、国内では、野村総研が、2000年から継続的に富裕層の調査を行なっていて、その分類の中では「超富裕層(5億円以上)」、「富裕層(1億円以上5億円未満)」、「準富裕層(5000万円以上1億円未満)」、「アッパーマス層(3000万円以上5000万円未満)」、「マス層(3千万円未満)」という風に分けている。

こうした富裕層の定義というのは、韓国でも明確な基準があるわけではないが、最近KB金融持株金融研究所が「2021韓国富裕層に関する報告書」を発刊。金融資産が10億ウォン(約1億円)以上の人を「韓国での金持ち」と定義した。

この資料によると、金融資産300億ウォン(30億円)以上の「超高資産家」は7800人であり、これらの1人当たりの平均金融資産は1550億ウォン(約155億円)と調査された。

さらに、同研究所は、金融資産10億ウォン以上400人を対象にアンケートをした結果、「富裕層が考える金持ちの基準は総資産100億ウォン以上、年収3億ウォン以上」であることが分かった。

こうした調査結果を受けて韓国ネット民の間では、「天上の世界すぎて現実味がない」「何回生まれ変わったら、その位置に座れるんだろう」など、悲哀を感じさせるコメントが目立った。

決して、景気がいいとは言えない現状の韓国だが、一部には富を蓄える超金持ちも当然いる。なんとも無情な調査結果だ。

文=サーチコリア編集部

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

デイリーランキングRANKING

世論調査Public Opinion

注目リサーチFeatured Research