韓国人の4人に一人が教師の体罰復活を“望む”理由「大人がなめられる」

2022年09月25日 政治 #事情 #アンケート
このエントリーをはてなブックマークに追加

生徒にちょっとした注意をしただけでクレームが来る昨今。教師たちの立場は弱くなる一方だ。

お隣・韓国もその流れが顕著で、「生徒になめられる先生」というのが増えてきている。

しかし、少し前に起きた1人の男子生徒が教壇に寝そべり、スマートフォンをいじっている動画がSNSに拡散されて流れが変わりつつある。

【関連】授業中に教壇に寝そべって携帯をイジる学生動画がSNSに拡散…韓国で教師“軽視”が深刻化

韓国のリサーチ専門企業メディアリアルリサーチコリアは9月11日から15日まで、成人男女2398人を対象に「誰のための人権か」というテーマでアンケート調査を実施した。

(写真=写真AC)

その結果、「授業中の教師に悪口・授業妨害・無断離脱など問題行動をする学生に対する対応」という問いに、「罰点付与」が32.2%で最も高いことが分かった。続いて「退学措置」(25.0%)「体罰」(24.6%)「言葉で訓育」(14.5%)、「どんな措置も意味がない」(3.7%)という結果になった。

なんと、自粛においやっていた「体罰」の復活を望む声が全体の四分の一にまでなっていた。

これには、韓国ネット民の内でも「実際、殴られることで反省することもある」「最近は、子供を甘やかす対応ばかりだから、大人がなめられる」「俺が学生時代は毎日殴られていたけど、今ではいい思い出」など、意外にも肯定的な意見が多かった。

確かに、「体罰肯定派」の意見もわかるのだが、この流れが進み、「行き過ぎた体罰」が横行するようになるのは避けたいところだ。

(文=サーチコリアニュース編集部)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

デイリーランキングRANKING

世論調査Public Opinion

注目リサーチFeatured Research