玉木宏にソックリ?韓国バレー界イケメン選手ムン・ソンミンとは?

2021年08月06日 スポーツ
このエントリーをはてなブックマークに追加

“龍神NIPPON”こと男子バレーボール日本代表、東京五輪ではキャプテンの石川祐希やイケメンの西田有志などが人気だが、韓国にも人気のバレー選手がいる。

ムン・ソンミンがそのひとだ。

1986年9月14日生まれのムン・ソンミンは、京畿(キョンギ)大学時代に出場した2006年のドーハ・アジア大会で金メダルを獲得(兵役も免除に)。

翌2007年にドイツ・ブンデスリーガのVfBフリードリヒスハーフェンに入団し、トルコリーグを経て2010年から韓国に復帰。

現在まで現代キャピタルスカイウォーカースでプレーし、2015-2016シーズンから2季連続で韓国VリーグMVPを受賞している。

名実ともに韓国を代表する看板選手だといえるだろう。

それだけに韓国でも人気者だが、ムン・ソンミンが人気を集めている理由は、バレーボールの実力だけではない。

例えば、恵まれたルックスだ。

身長198cmの長身に甘いマスクを持つムン・ソンミンは、韓国メディアでも、「美男子」「俳優顔負け」と報じられている。

「ムン・ソンミン、“俳優なのか?バレーボール選手なのか?”」(『OSEN』)など、プレーよりもビジュアルに焦点を合わせて報じるメディアも見られるほどだ。

授賞式などでスーツ姿を披露した際は、地上波SBSのニュース番組で、「ムン・ソンミンは、ユニホームの代わりにスーツを着ると、ファッションモデルのようです」と伝えられたこともあった。

ムン・ソンミンは外見が日本の俳優・玉木宏に似ていると話す韓国記者もいるが、玉木宏が女優の木南晴夏と結婚して“玉木ロス”が起きた日本と同じように、ムン・ソンミンも2015年4月に3歳年上のパク・ジナとの結婚を発表した際、彼の女性ファンたちの間では衝撃も大きかった。

「ムン・ソンミンの結婚発表に女性ファンは“涙”」(『ヘラルドPOP』)したという。“ソンミン・ロス”が続出したわけだ。

また、プライベートな素顔を見せていることも、人気の理由の一つだろう。実際、パク・ジナとのこんな“結婚秘話”も話題になった。

ムン・ソンミン

“結婚秘話”が明かされたのは、2018年5月にKBS2の人気バラエティ番組『スーパーマンが帰ってきた』にパク・ジナとともに出演したときのこと。

この番組のなかで、パク・ジナはこう話している。

「夫が手術をしたことがあったんです。そのころはまだ友人として付き合っていたんですが、彼のお見舞いに行ったら、なんだかキュンとしてしまって。

母性本能がくすぐられたんでしょうか。それでお付き合いするようになったんですよ」

韓国を代表する国民的スター選手が不意に見せた弱っている姿に、“ギャップ萌え”してしまったということだろう。

ちなみにパク・ジナのこの言葉に、ムン・ソンミンは「俺がかわいそうで結婚したの?」と冗談交じりに返している。ユーモアも兼ね備えている男なのだ。

そんな経緯を経て結ばれたムン・ソンミンとパク・ジナは、2人の息子を授かった。

2016年にムン・シホ、2018年にムン・リホが誕生したのだが、前出の『スーパーマンが帰ってきた』の放送時も、ムン・ソンミンが息子とお風呂で楽しく遊ぶシーンが多くのメディアで取り上げられていたが、試合中の鋭い表情とは異なる優しい“父の顔”も、女性ファンにはたまらないのかもしれない。

【関連】女子バレー韓国代表がなぜか東南アジアでも注目されている理由

韓国のエースとして活躍する一方、イケメン選手として知られ、プライベートな素顔も見せて大人気を集めているムン・ソンミン。

男子バレー韓国代表は東京五輪の出場を逃しているため、今大会でムン・ソンミンの姿を見られないのは残念だが、いつか龍神NIPPONの対戦する日が来た時にはぜひとも注目していただきたい。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

デイリーランキングRANKING

世論調査Public Opinion

注目リサーチFeatured Research