深刻化する韓国内での“キムチ離れ”、その意外な理由とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国を代表する食べ物といえば、やはりキムチを思い描く人が多い。実際、韓国の食卓ではキムチがかなりの頻度で並ぶのが当然の光景だった。

しかし、そうした状況が少しずつ変わってきているようだ。なんと、韓国内でのキムチ消費量が急激に減少しているというのだ。

【注目】韓国の有名キムチメーカーが腐った野菜を使用…暴露動画で明らかに

韓国農村経済研究院が昨年発刊した「国内農産物需要拡大のためのキムチ産業競争力強化方案」報告書によると、韓国内で1人当たりの1週間の平均キムチの摂取量は「7.37回」と集計された。

そこで、自宅でキムチを食べると答えた2948人を対象としたアンケートを行った結果、キムチ摂取量は年齢別に大きな差を見せた。20代は「5.0回」、30代は「5.9回」と、平均値(7.37回)を大きく下回ったのだ。

なお、40代も「7.2回」、50代でも「7.6回」とほぼ平均という結果に。60代以上の高齢層だけが「9.5回」と平均を大きく上回った。つまり、若者の“キムチ離れ”が顕著になっているということだ。

同報告書では「国内キムチ消費量が減っている」とし、「特に女性、低年齢のキムチ消費の減少傾向が大きい」と分析している。実際に韓国保健産業振興院によると、1人当たりの日々のキムチ摂取量は2010年に71.4gだったが、2019年には59.8gと、10年間で16.2%も減少した。

こうした現象が起る理由は、若者を中心にパンや麺を主食にする文化が進み、米を主食にしない層が増えたからだという。

韓国内でも「パンや麺ばかりでキムチを食べる回数は減った」「それでもキムチがないと生きていけない」「海外旅行に1週間行ったが、何よりもキムチが食べたくておかしくなりそうだった」「歳をとると結局、キムチが一番ってことに気づくよ」など、熱いキムチ談義が繰り広げられる結果となった。

「キムチ宗主国」ともいわれる韓国だけに、若者の“キムチ離れ”は由々しき事態だ。キムチ文化が衰退しないことを祈るばかりである。

(文=サーチコリアニュース編集部)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

デイリーランキングRANKING

世論調査Public Opinion

注目リサーチFeatured Research